白クマとウォッカの国のYuko&Sasha

ペアスケーターの川口悠子選手とアレクサンドル・スミルノフ選手を応援する公認ブログです。

February 2015

ヨーロッパ選手権後の川口悠子選手インタビュー記事のご紹介です。
川口選手を長年取材してこられたジャーナリストの長谷川仁美さんによるインタビューで、今シーズンのFSプログラム「マンフレッド交響曲」、オフアイスの川口選手の様子等、ロングインタビューではありませんが、ファンが知りたい情報がつまっています。
ぜひ、ご覧ください。
All About 「ヨーロッパ選手権 ペア優勝・川口悠子インタビュー」

FSの前日、川口選手はストックホルムの旧市街ガムラ・スタンを2時間ほどお散歩されたようです。(スウェーデンは今回で三回目だそうです) 試合時とは違う川口選手の姿をおたのしみください。

ノーベル博物館
■入口
Stockholm2





















■展示物
Stockholm3






















■アイスクリーム
(ノーベル賞の晩餐会で出されているものと同じアイスクリームです。ゆうこ「想像していた以上によかった!おいしかった!」)
Stockholm4












■王宮前
画質が悪くて申し訳ありません。15:00頃なのですが、外はすっかり薄暗くなっています。
Stockholm5














■市庁舎前
ゆうこ「あそこで今日、みんなバンケットなんですよ!(笑)」
Stockholm6























■ライオン像の前で
「同じ顔してください」のリクエストにこたえてくれました。
Stockholm7






















おまけ(追加)
■広場
管理人が自主規制して掲載しなかったのですが、川口選手から「別に載せてもいいですよ」の許可をいただきましたので、掲載します。試合中、キスクラではすぐに反省モードに入ってしまう川口選手ですが、普段はこんな感じの方です。
Stockholm1

ヨーロッパ選手権ペアFSの日、モスクヴィナコーチがお召しになっていたニットアンサンブルは、日本のファンの方からいただいたものだそうです。
タマラ「だいぶ前にいただいていたんだけど、ヨーロッパ選手権のために着なかったんですよ。大きさもちょうどよくて着心地がいいです。日本のファンの方々のお気遣いにはいつも感謝しています」
ブログ掲載の許可をいただきましたので、お知らせします。

■祝杯
タマラ「日本人の方は私を呼ぶとき、タマラさんってさん付けにしてくれるんですよ。このさんって響きがいいですよね」(モスクヴィナコーチは日本人宛にサインを書くとき、『タマラさん』とロシア語か英語で書かれることもあるそうです)
tamara












追記(管理人):
モスクヴィナコーチにニットアンサンブルを贈ってくださった恵子さま

モスクヴィナコーチから恵子さま宛にメッセージが届いております。
もし、ブログをご覧になっていらっしゃいましたら、下記コメント欄にメールアドレスをご記入の上、ご連絡いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。
モスクヴィナコーチ、川口選手、スミルノフ選手より「恵子さまの手術の成功をお祈りいたしております」

帰国された川口選手からメッセージが入りました。
空港では多くのメディアやファンの方の出迎えがあったそうです。


ファンの皆様へ
たくさんのお祝いメッセージありがとうございます。
先月のロシア選手権の後のヨーロッパでのタイトル、本当に嬉しかったです。
そして何よりも、私のスケート人生に巻き込まれた(笑)身近な人たちが、自分よりも何十倍も喜んでくれていることに幸せを感じずにはいられません。感謝の気持ちでいっぱいです。
この次は悔し涙ではなく、本物の嬉し涙が出る演技を!
皆様応援どうもありがとうございました。

ゆうこ

皆様、応援ありがとうございます。
本日大トリの川口&スミルノフ組、前半は完璧な演技でした。スロー4Sがクリーンに決まると、会場中から大歓声が上がりました。後半のスロー3Lはステップアウト気味、最後のリフトが回転途中に崩れてしまうミス(レベル4→レベル2)がありましたが、FS1位(137.81)、トータル207.67で、見事優勝しました。

モスクヴィナコーチにお話を伺ったところ、
「ゆうこは昨日みんながバンケットに行っているときに、ノーベル博物館に行って、メダルチョコレート(金)を食べたらしい。勝てたのはそれじゃないの? もちろん冗談だけど(笑)」
とのことでした。

管理人補足:今回のヨーロッパ選手権はペアFSとEXが同じ日程(日曜)で、ペアFSの前日(土曜)に全選手、関係者のバンケットが行われました。ペアの選手も招待されたそうですが、まだ試合が終わっていないため、川口選手とスミルノフ選手は欠席しました。
バンケットの会場はノーベル賞の晩餐会が行われる市庁舎でした。出席されたモスクヴィナコーチによると「素晴らしいホールとおもてなしで、食事も最高級のスウェーデン料理でおいしかった」とのことでした。


ペア表彰式の直後に行われたEXでは、川口&スミルノフ組は「月の光」を滑りました。

詳細は後ほどお届けします。

Judge Scores(PDF)

euro

画質が悪くて申し訳ありません。試合後、公式ホテルにて。
右側の男性は元アイスダンサーで、振付師のピョートル(ピーター)・チェルヌィショフです。

↑このページのトップヘ